羽田出張マッサージで足のむくみが改善

現在33歳で主婦をしています。
4年前まで有名企業の営業をしておりました。
そんな私が体験した出張マッサージの体験を掲載します。
大学卒業からその企業にて営業職についていました。
毎日数件から多い時には数十件ものクライアント先へ足を運び、プロジェクトの確認をするのが日課となっていました。
クライアント先へは基本的に徒歩となっており、毎日10数kmもの距離を歩いていました。
その距離を毎日歩く訳ですから、仕事しながらダイエットする事も出来たので、仕事をする事は好きな方でしたが、大きな悩みもありました。
それは足のむくみです。
仕事が終わり、帰宅する頃には足がパンパンになっていました。
同僚の中にも私と同じ悩みを抱える人がおり、むくみについて話している時でした。
「マッサージをしてみたら?」と言うのです。
同僚は度々オイルによる出張マッサージを利用しているそうでむくみが解消されるというのです。
それなら私も試してみようと思い、紹介された出張マッサージを利用する事にしました。
マッサージに使うオイルにはショウガやトウガラシ成分が含まれており、血行の促進に効果たあるそうです。
マッサージを施してもらうと、下半身全体が温かくなるのを感じました。
その温かさは翌日まで残っていました。
しかも足が軽くなった様な感覚になり、足早に歩く事が出来たのです。
出張マッサージは一度経験するとクセになっちゃいそうでした。

羽田の開発とこれから

羽田と言えば思いつくのは羽田空港です。
今回、発達し続ける羽田空港とこれからについてお話させていただきます。羽田空港というと今では観光スポットとしてだけでなく2010年からは国際線の開始とともにますます発展していっております。観光スポットとしては普段目にすることが出来ない作業場を見学できるほか詳しい知識まで教えて頂ける見学会も行っております。私も参加したことがありますが非常に貴重な体験でした。

2010年の国際線オープンと東京タワーやスカイツリーといった観光スポットが相まって多くの外国人観光客が増えています。相乗効果で周辺地域を潤し地域の活性化にもつながります。また2020年に東京オリンピックを控えていることからますます観光客の増加が見込まれ羽田空港は地域活性化の一つのキーワードとなることでしょう。

また羽田というと周辺地域として日本の工業を支える町工場である大田区も近いことから日本の産業にも少なからず影響はしていることでしょう。最近でこそ町工場の急激な減少が目立っておりますが海外からの労働者や技術輸入なども比較的容易な場所であり日本にとってとても大事なチャネルにもなっております。これからますます利便性や日本への貢献度が発展するであろう羽田空港に今後も注視していきたいなと思っております。

トップに戻る